【驚愕】B’z松本さん『氷艶』テーマ曲に「知ってた」の声続出

コラム




こんにちは。管理人です。
先日、フィギュアスケートと源氏物語がコラボした企画『氷艶 hyoen2019 -月光かりの如く-』の詳細が明かされ、テーマ曲をB’zの松本孝弘さんが担当されることが決まりました。
一見、突然驚きの発表!となったかに見えたのですが、どうもSNS上でのリアクションが妙な様子に。
今回はB’z松本さんテーマ曲発表の裏に隠された”事件”をまとめさせていただきました。




『氷艶』開催は2回目

実は今回の『氷艶』開催は2回目となります。
第1回目は2017年に、国立代々木競技場にて3日間上演され、歌舞伎とフィギュアスケートの初のコラボレーションが大きな話題を呼んだ『氷艶hyoen2017-破沙羅-』として開催されました。
ちなみに、そのため今回のWEBサイトは2年前から同じURLに存在していたことになります。

2019年2月20日、WEBサイト上に突如・・・

そして2019年2月20日、『氷艶』WEBサイトで謎のカウントダウンが突如として始まりました。
インターネット上ではカウントダウンが0:00になった瞬間に『氷艶hyoen2019』の開催が決定するのではないか!?と話題になっていました。

一方、WEBサイトではテーマ曲のようなものが流れ始めており、このことが、ある一部の界隈で大変話題となっていました。なんと、この曲の音色や曲調が、「B’zの松本孝弘のものではないか」という声が続々と上がっていたのです。

50人が『月光かりの如く』を発表前に弾く大変な事態に

そして本当に恐るべき事態はここから始まりました。
前述の通り、”テーマ曲・松本孝弘疑惑”が沸き起こったことにより、B’z好きなギタープレイヤーの皆様が次々と楽曲をギターでコピーしTwitterに投稿し始めたのです。
そしてなんと、公式発表前日、松本さんの楽曲と確定する前にすでに50人の方々がギターで『月光かりの如く』をコピーしているという異常事態が起こりました。

実はこれ、B’zを完コピすることで有名な、ギター講師もされているギタリスト「テラーニ」さんが、Twitter上で真っ先に松本さんの曲っぽい!ということを察知し、即座にコピーした動画をTwitter上にアップロードされたことがきっかけとなっています。
またテラーニさんは、同投稿に”ぶら下がって”投稿された多数の動画を、ご自身が編集された動画も公開。2/27時点ではなんと500リツイート以上を記録しています。

ちなみにテラーニさんは、普段から「#ガチンコギタークラブ」というハッシュタグを利用されて、テラーニさんに続くギタリストの方々との交流を図られているようですね。
今回も「#ガチンコギタークラブ」というハッシュタグが活躍したものと見られます。

また今回は、『氷艶』ということもありフィギュアスケート、とりわけ主演の高橋大輔さんのファンの方々との熱烈な交流が生まれ、多くのリツイートがなされたとのことです。
思わぬところでのファンの方々同士の交流、大変素敵ですね。

インターネット上では、テーマ曲に「知ってた」の声

また他のB’zファンの方々も公式発表を受けて、インターネット上で相次いで「知ってた」というツイートを投稿されていました。ギターを弾かない方々でも十分認識できる”TAKトーン”だったということでしょうね。

”B’zファンの恐るべき底力”が改めて証明されてしまいましたね。
フィギュアスケートファンの方々も、つくづく驚かれたのではないでしょうか?

トーンや曲調だけでわかる「松本孝弘」

そしてファンの方々のすごさもさることながら、クレジットがなくても一聴しただけでそれとわかるトーンや曲の世界観を持っている「松本孝弘」というギタリスト・ミュージシャンこそ何よりすごいのかもしれませんね。
B’zの活動と並行して作られたであろう当楽曲。松本さんのハードワークぶりにも頭が下がります。

以上ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました