「B’zの日」晴れやかに 関連ニュース続々 ファン祝福ムード

コラム

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom)です。

2月26日は、いわゆる「B’zの日」としても親しまれており2020年の「B’zの日」には多くのB’zに関連したニュースがファンのもとに届けられました。その模様をまとめさせていただきましたので、宜しければ是非ご覧ください。

2020年の「B’zの日」晴れやかに 関連ニュース続々

26日(水)に、いわゆる「B’zの日」を迎え当日は多くのB’zに関連したニュースがファンのもとに届けられました。

同日13時過ぎ、豊中市のホームページやSNS、またB’z Official Website、各音楽メディアや新聞社によって、ギタリスト・松本孝弘さんが、豊中市名誉市民に決定したことが発表
さらに直後には、B’z Official Websiteにて、自身約4年ぶりとなる松本孝弘ソロツアー「Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-」が開催されることも発表され、ファンからは歓喜の声が上がりました。

2020年の「B’zの日」に起こった主なB’z関連ニュース&イベント

2020年の「B’zの日」に起こった主なB’z関連ニュース&イベントは下記の通りです。

同日には、2019年に行われた全国ツアーの模様を収めた映像作品DVD&Blu-ray『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』もリリースされており、また同作はDVD&Blu-ray『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』オリコンデイリーランキング1位を獲得しています。

「B’zの日」とは?その由来や意味について

さて、そんな賑やかな一日となった当日ですが、果たして「B’zの日」とはいったい何なのでしょうか?

「B’zの日」とは、ファンが毎年自主的に祝っている2月26日のことを指しており、B’zのヴォーカリスト・稲葉浩志さんがファンクラブ会報誌「be with!」の第46号(2000年6月発行)の会員からの質問に答えるコーナーにおいて、「もし『B’zの日』をつくるとしたら、何月何日にしますか?またその理由は?」という質問に対し、「2月26日 なぜでしょう?」と答えていることに由来したものです。

本人はこの発言以外に「B’zの日」の意味に関して特に何も言及していませんが、おそらく、アルファベットの「B」が2番目、「Z」が26番目であるということから、2月26日を「B’zの日」にしたものと考えられています。

非公式な日ではありながらも、ファン親しまれており、さらに本年は奇しくもおめでたいニュースが届けられた「B’zの日」ファンにとって2020年の「B’zの日」は、忘れられないものとなったのではないでしょうか。

以上、数々のニュースが飛び込んできた2020年の「B’zの日」についてまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました