▼ライブ後の宿泊予約はこちら

B’z、いよいよ津山公演




こんばんは。管理人です。
いよいよあさって2017年7月22日に津山にてB’z SHOWCASE 2017 -B’z In Your Town-ライブ公演が行われます。

当選倍率も非常に高く、残念ながら参戦できない方がほとんどかもしれません。
ちなみに私も参戦できません。
しかしこの記念すべき節目に出会えたことを記念して、
今回は、この試みについて簡単に考察させていただきます。

B’z、津山公演は史上初

B’zは津山公演を行うのが初めてです。では一体なぜ今まで津山で公演を行わなかったのか。
それは主に3つの理由があると思います。

  • 事務所側の、ビジネスを貫徹する姿勢があったこと
  • 単純に津山自体のアクセシビリティが悪いこと
  • 津山にイナバ化粧品店があり、事務所としても踏み込みづらかったこと

事務所側の、ビジネスを貫徹する姿勢があったこと

私としては、この理由が大きなものだと思っています。
事務所サイドとして、稲葉さんが津山出身であるから定期的に津山でライブを行うというアプローチは考えつかないはずです。
というのも事務所側には、ビジネスを貫徹する姿勢が常にあるからです。
個人的に、B’zが所属する事務所ビーイングに対しては、このマネジメントが非常に美しいと感じています。
実際、オフィシャル的に「稲葉=津山」という色付けをする意味はほとんどないのです。
おそらく、市場にまんべんなく音楽が行き届くようなプロデュースの仕方を続けてこられたと思うので、
その意味においても津山に肩入れするメリットはなかったのではないでしょうか。
ところが30周年という節目でついに実現した、それが今回の津山公演だと思います。

単純に津山自体のアクセシビリティが悪いこと

これも単純に重要なファクターだと思います。
鉄道輸送も十分ではないですし、市内の宿泊施設のキャパも小さいのが現状です。
ましてや岡山県には岡山市・倉敷市といった都市もあるため、敢えて津山で公演を行う必要性がなかったと言えます。

津山にイナバ化粧品店があり、事務所としても踏み込みづらかったこと

これは大きな理由ではないと思いますが、無視はできないと思っています。
稲葉さんのご実家が化粧品店として今も経営を続けており、稲葉さんやB’zを前面に押し出して営業を続けているため、
事務所としてもなかなか足を踏み入れることが難しかったのではないでしょうか。(この部分はあくまで憶測です。)
ただ稲葉さんのお父様も事務所に津山ライブを働きかけられていたとも言われておりますし、
稲葉さんのご実家からもご要望があったのかもしれません。今回実現できたことは、大変喜ばれていることでしょう。




B’z いよいよ津山公演

さて、いよいよ明後日には津山公演です。
おそらく参戦できない方も多く津山に行かれるのではないでしょうか。
どうかお気を付けて参加されてください。

引き続きこれからのB’zの活動を、心より楽しみにしましょう。

[amazonjs asin=”B071VNCWWB” locale=”JP” title=”声明 / Still Alive (初回限定盤)”]

ここまでご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました