「B'z まとめ」管理人が選ぶおすすめ商品"Real Things"

B’z 2020年上半期話題となったトピックランキングをまとめました。

B'z関連ニュース振り返り

こんにちは。「B’z 超まとめ速報」(@bztakkoshicom2)です。

いよいよ2020年も後半に突入いたしました。当サイトでは今後も更に充実したB’z関連情報の発信に努めてまいりますので、引き続きのご愛顧を賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

さて、今回は、2020年上半期(1月~6月)に話題となったB’zに関連するトピックをランキング形式でまとめさせていただきました。宜しければ是非ご覧ください。

B’z 2020年上半期(1月~6月)に話題となったトピックランキング

それでは早速、2020年上半期(1月~6月)に話題となったB’z関連のトピックを、ランキング形式でご紹介させていただきます。

【第10位】INABA/SALAS「KYONETSU ~狂熱の子~」Session with…ファンとのセッション動画が完成

2020年5月27日(水)、INABA/SALASの最新アルバム『Maximum Huavo』収録曲「KYONETSU 〜狂熱の子〜」の本人たちによるセッション動画が公開され、さらに、同日公式サイトにて、ファンが自由なスタイルでセッションに参加できる形式の動画募集動画が告知されました。これを受けて、ファンらは早速「#INABASALASwith」というハッシュタグを用いるなどし、各SNSに撮影した動画を投稿。その後、6月20日には公式サイトで完成版の動画が公開され、約1000人にものぼる数多くの募集者の中から送られた動画が、完成した『INABA / SALAS “KYONETSU ~狂熱の子~” Session with…』に採用されることとなりました。なお動画には、元B’zサポートギタリスト・大賀好修も参加しています。

【第9位】松本孝弘本人のギター”弾いてみた”動画が毎週金曜日地夕方に連続投稿 ”Tak’s Guitar of the Day”

2020年5月22日(金)18時、B’z公式InstagramとTwitterに、松本孝弘が自宅で「兵、走る」のギターソロを演奏している動画が公開されました。またその後、毎週金曜日の同時刻には、松本が様々な楽曲をギターで演奏する動画が公開され続けています。各投稿には”Tak’s Guitar of the Day”と記されているほか、使用されているギターの型番も明記されています。

【第8位】B’zが新型コロナウイルス感染症対策に寄付

2020年5月12日(火)に公式サイトで、B’zが新型コロナウイルス感染症拡大防止対策に寄付を行うことが発表されました。B’zは2011年の東日本大震災発生以降、毎年チャリティーグッズの収益金を被災者に寄付しており、今回は寄付金の一部が「新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る学童保育緊急支援」や「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する緊急医療支援(約1万枚のN95マスクの購入・配布および医療チームによる現場での直接支援活動等)」に充てられています。

【第7位】INABA / SALAS “IRODORI” session 動画公開

2020年4月16日(木)、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるINABA/SALASが、前日にリリースした最新アルバム『Maximum Huavo』に収録されている「IRODORI」を自宅からリモートセッションした動画を公式YouTubeチャンネルに公開しました。なお当該セッションでは、楽曲の歌詞が世相を表したものに一部改変されています。

【第6位】稲葉浩志、木村拓哉と地上波初対談

2020年2月29日(土)、俳優で歌手の木村拓哉を特集したNHKの音楽番組『SONGS』が放送され、稲葉浩志が対談相手として同番組に出演しました。木村と稲葉が地上波で対談するのは史上初のことで、木村の初ソロツアーを観覧したという稲葉は、木村との出会いや音楽活動に至るまでの経緯、木村を傍から見た想いなど、様々な話題を語っています。

【第5位】松本孝弘、豊中市名誉市民に選出

2020年2月26日(水)、B’zのギタリスト・松本孝弘が、出身地である大阪府豊中市の名誉市民に選ばれたことが発表されました。豊中市名誉市民となったのは史上三人目。今回は音楽的功績や地元への貢献度の高さが評価されたものとみられ、選出に際し松本は、「この度は名誉市民に選出して頂き本当に嬉しく、かつ身の引き締まる思いでおります。今後も故郷豊中に貢献させて頂けます様、音楽の道に一層精進してまいります」とコメントを発表しています。

【第4位】INABA/SALAS、2nd Album『Maximum Huavo』をリリース

2020年4月15日(水)、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるINABA/SALASが、2nd アルバム『Maximum Huavo』をリリースしました。同アルバムは発売初週に約6.0万枚を売り上げ自身初となる「オリコン週間アルバムランキング」1位を獲得し、2020年上半期の「アルバムランキング」では第19位にランクインしています。

【第3位】B’zソロツアーがそれぞれ延期(INABA/SALAS、松本孝弘)

2020年4月3日(金)、稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによる全国ツアー『INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020”』の全公演延期と『METROCK 2020』への出演辞退が発表されました。また5月7日(木)には、松本孝弘の全国ツアー『Tak Matsumoto Tour 2020 -Here Comes the Bluesman-』の全公演延期が発表。(『INABA/SALAS “the First of the Last Big Tours 2020”』はすでに振替公演の日程が発表済み)
これに伴い今回の各ツアーグッズの販売は、オンラインショップ”B’z the Store”でのみ行われています。

【第2位】B’z「HOME」セッション動画公開(2人&バンドメンバー)

2020年4月27日(月)、B’z公式YouTubeチャンネルで、稲葉浩志と松本孝弘が1998年7月8日リリースの25th シングル「HOME」を自宅からリモートセッションした動画『B’z “HOME” session』が公開されました。同動画は大きな注目を集め、公開されてわずか1日間で100万回以上再生されたほか、YouTubeの急上昇ランキングで1位を獲得。またさらに、4月30日(木)には、海外在住のバンドメンバーもセッションに参加した動画『B’z “HOME” Band session』も公開され、こちらの動画も話題を呼びました。

【第1位】“B’z LIVE-GYM -At Your Home-”歴代ライブ映像公開企画実施

2020年4月13日(月)、歴代23作品のビデオクリップ集・ライブ映像がYouTubeで一挙期間限定で公開される企画“B’z LIVE-GYM -At Your Home-”が発表され、大きな話題となりました。当該企画では、VHSのみの販売となっているため入手困難な『FILM RISKY』、『JUST ANOTHER LIFE』から最新ツアー映像を収録した『B’z LIVE-GYM 2019 -Whole Lotta NEW LOVE-』まで、全てのリリース作品(本編部分)が公開。(なお再生中の広告表示は行われなかった)前週より日本全体に緊急事態宣言が発出され外出自粛が強く求められていたこともあり、今回の思い切った企画の実施には賞賛の声が数多く集まり、また各メディアでも、この話題が大きく取り上げられることとなりました。

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございます。2020年上半期におけるB’z関連の各主要トピックをランキング形式でまとめさせていただきました。いかがでしたでしょうか?

本年は主に3月以降に国内外で新型コロナウイルス感染症が拡大したこともあり、話題の内容に偏りが見られてしまう傾向は、否めないかもしれません。しかしながらB’zは、このときにおいても時機をしっかりと見極めて迅速にアクションを起こしてきており、故に、このような明るいニュースを届けてこられたのかもしれません。

ともあれ、2020年後半は、B’zの活動に伴った喜ばしいニュースをさらに数多く聞けるよう、ただただ願いたいところです。

以上、今回は2020年上半期(1月~6月)に話題となったB’zに関連するトピックを、ランキング形式でまとめさせていただきました。ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました