B’z 2019年1-3月期 【衝撃ニュース!BEST5】をまとめました。 #Bz #Bz2019

B'z関連ニュース振り返り




こんにちは。管理人です。

2019年もいよいよ3月31日を迎え、2019年の四分の一が終わることになりました

また4月1日には「新元号」が発表され、いよいよ日本国内のムードが、新しい時代の幕開けへと本格的に高まっていくのではないかと思います。

さて、そんないつになく慌ただしい昨今ではございますが、今回は「B’z 2019年1-3月期 【衝撃ニュース!BEST5】」と題しまして、2019年の1月~3月に起こったB’zに関する衝撃的なニュースを、上位5位まで選出し、ランキング形式で発表させていただきたいと思います
宜しければ是非ご覧ください。




B’z 2019年1-3月期 衝撃ニュース!BEST5

それでは、「B’z 2019年1-3月期 衝撃ニュース!BEST5」を、早速第5位から発表させていただきます。

【第5位】DVD&Blu-ray「HINOTORI」リリース、豪華内容に驚きも

2019年1月30日(水)、B’z Official Websiteが更新され、B’z DVD & Blu-ray「B’z LIVE-GYM Pleasure 2018 -HINOTORI-」が2019年3月13日(水)にリリースされることが発表されました。

HINOTORI関連記事はこちら

同作品は、昨年7月から9月にかけて全国12カ所23公演を行った同ツアーを映像化したもので、9月22日・味の素スタジアム千秋楽公演の模様を完全収録しています。

また日替わり曲6曲とツアードキュメンタリーが収録された映像ディスク「TOUR DOCUMENTARY -Road to 20180921-」と、ツアータイトル曲「HINOTORI」が初収録されたCDも含まれる内容となっており、ファンの間では、ツアー映像作品としては史上稀にみるとも言える豪華内容に、驚きと喜びの声が上がりました。

【第4位】松本さん&稲葉さん同日VTR出演事件

2019年2月11日(月・祝)、松本さんは、事前に発表されていた通りWOWOWで生中継される「第61回グラミー賞授賞式」の現地スタジオパート内にVTR出演され、グラミー賞に対する想いや今年のグラミー賞に対するコメントなどをされました。

一方、全く同じ日に、稲葉さんは津山市制90周年式典で披露されたビデオメッセージに”電撃出演”。事前告知のない稲葉さんのビデオメッセージ公開に、ファンの方々や津山市民の方々は、次々と驚きの声を上げました。

またこれらの事態に、一部のファンの方々からは”松本さんは(世界規模の賞である)グラミーに対してのVTR出演、稲葉さんは(日本のローカルな)津山市に対してのVTR出演を、全く同じ日にするなんて、なんと微笑ましいんだろう”という声も上がっていました。

【第3位】サマソニヘッドライナー出演決定!

1月16日(水)11時30分、サマーソニック2019公式サイトとサマーソニック公式Twitterで、B’zが邦楽初のサマーソニック2019ヘッドライナーを務めることが発表されました。合わせてクリエイティブマン清水氏もB’zを称賛するコメントを発表。日本の音楽ファン全体の中で、改めてB’zの存在が大きな話題となりました。

サマーソニック関連記事はこちら

【第2位】「#Bz2019」で元旦から大きな話題に

2019年1月1日、元旦を迎えると同時にB’zの各オフィシャルアカウントで、「#Bz2019」とだけ記された画像が投稿される格好での告知が行われました

また同日明け方から、全国各地の都市部におけるデジタルサイネージ等で、「#Bz2019」という表示が相次いで目撃され、インターネット上ではファンの方々から一般の方々までを巻き込んで、非常に大きな話題となりました

【第1位】「B’z LIVE-GYM 2019」サポートメンバー一新

1/21(月)12:00頃、B’z Official Websiteが更新され、「B’z LIVE-GYM 2019」の開催が発表されました。

そして同時に、全くサポートメンバーを一新してツアーを行うことが発表されました。以下B’z Official Websiteに掲載されたコメントです。

31年目のB’zは、バンドサウンドを支えるサポートメンバーを一新し、新たなB’zサウンドを展開。新生B’zを是非お見逃しなく!

B’z Official Websiteより

【サポートメンバー】
Brian Tichy (Drums) 
Yukihide “YT” Takiyama (Guitar) 
Mohini Dey (Bass) 
Sam Pomanti (Keyboard)

この発表にファンは騒然。2011年から固定されていたメンバーで、1992年以来ほとんどのツアーに帯同してきた増田隆宣、2002年より約17年間活動を共にしたシェーン・ガラース、2003年・2008年以降のライブで一緒だったバリー・スパークスらメンバーとの、突然の別れを惜しむ声が相次ぎました。
またバリー・スパークス、シェーン・ガラースらはSNSで同件についてコメントし、そのこともまたファンの間で話題を呼ぶことになりました。

「B’z LIVE-GYM 2019」関連情報一覧はこちら

B’z 2019年1-3月期 【衝撃ニュース!BEST5】まとめ

さて、ここまでご覧いただきありがとうございました。

B’z 2019年1-3月期 【衝撃ニュース!BEST5】をご覧いただいた感想は、いかがでしたでしょうか?

今回は1月1日からライブの告知があり、また後にサポートメンバー一新の発表もあったため、まさに年初から息をつかせぬ展開であった、と思われたファンの方々も多くいらっしゃったのではないかと思います。

四半期にわけると”次回”に相当する4-6月期には、いよいよ「B’z LIVE-GYM 2019」が幕を開けます
ニューアルバムに関しても、情報更新やリリースなどがあることでしょう。
また、同時に世間では、4月1日に新元号が発表され、また5月1日から新天皇が即位され、新しい元号となります。

まさに4-6月も衝撃ニュースがたくさん舞い込んできそうな予感がいたしますが、ともあれ、次の3ヶ月が皆さんにとって楽しく実りのある3ヶ月間となることを、心の底から願っております。

当ブログにおきましてもB’zに関する様々な記事を更新させていただきますので、今後とも定期的に足を運んでいただければ幸いです。
いつもご覧いただいている皆様におかれましては誠にありがとうございます。
改めまして、今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

以上、ご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました