スポンサーリンク

稲葉さん式ミドルボイスの極意【換声点について】

スポンサーリンク
▼旅行時のホテル予約はこちら
スポンサーリンク

こんばんは。速水優希です。

今回は稲葉さん式ミドルボイスの極意として

「換声点」についてお話したいと思います。

楽天カードでポイント生活はじめよう!

 

皆さんは「換声点」についてご存知ですか?

簡単にご説明いたしますと、地声とミドルボイスを切り替えるキーの位置のことです。

よくミドルボイスを用いる際に、それに切り替える地点をどうするか、という議論がなされます。

さて、稲葉さんはどのあたりのキーで声を切り替えていると思われますか?

hiA(『裸足の女神』のサビ頭の音と同じ)でしょうか?それともhiE♭(『Liar! Liar!』の「だれもがらいあ~」の“が”と同じ音)でしょうか?

何曲か聴き込んでみて、少し考えてみてください!

それでは正解を発表します!

だらららららららららららぱしん!(ドラムロール)

[amazonjs asin=”B00C0FXUZK” locale=”JP” title=”B’z The Best XXV 1988-1998(初回限定盤)”]

 

 

 

 

正解は、“声を切り替えていない”でした!!!!

 

…すみません笑

そうなんです、稲葉さん式ミドルボイスでは「換声点」は存在していません。

全部のキーがなだらかにつながっているのです。

全部のキーを発声する際に、必ず裏声成分と地声成分が混ざっています。←これ、ものすごく重要です。

 

かなりの高等技術だと思います。全部のキーをなだらかに繋げて発声しているのです…

そして最高音に近づけば裏声成分が強くなり、最低音に近づけば地声成分が強くなります。

稲葉さんはこの【裏声:地声】の比率をコントロールすることでキーごとに声を出し分けています。

 

これから皆さんが稲葉さん式発声法を習得するにあたっては、この感覚を絶対に覚えるようにしてください。

だんだんわかってくると思います笑

それではまた記事を更新させていただきますね!

ここまでありがとうございました!

せーの、おつかれー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました