▼ライブ後の宿泊予約はこちら

B’z 稲葉浩志さんの最近の発声傾向




B’z稲葉浩志さん2017年時点(Still Alive含む)での発声傾向

こんばんは。速水優希(@singingbird178)です。

Twitterではたくさんのフォロワーさんと繋がることができてとても幸せです、ありがとうございます笑
今日は稲葉さんの最近の発声傾向について分析します。

http://howtosing-bzinaba.com/2017/02/12/33/

以前ご紹介した稲葉さんの発声遍歴の、最後の部分にあたるのが今回。現在の稲葉さんはいったいどのような歌い方をされているのでしょうか。




B’z稲葉浩志さん-世界はあなたの色になる、フキアレナサイ、Still Aliveからわかる歌い方

昨年のB’zは、

『世界はあなたの色になる』

 

『フキアレナサイ』

の2曲をデジタル配信しました。

この2曲は、現在の稲葉さんの歌い方を紐解く重要な手掛かりとなります。

そしてこの2曲を紐解く限り、

稲葉さんは”楽に高音を出せる歌い方にシフトしている”ということがわかるのです。

まずは『世界はあなたの色になる』から具体的に見ていくと…

 

サビ頭、「あ~このせかいは~」

の「は~」。mid2Fの音(普通くらいの音域)で、最後の伸ばす音なのですが、

「WA」という発音なのにも関わらず、「え」の要素が入っているのがおわかりでしょうか?

極端に表すと、「あ~このせかいわぇ~」のような恰好。

この「え」の要素こそが、喉の一部を使って楽に高音を出すときに含まれる音なのです。

また、さらに続きまして、『フキアレナサイ』。

サビ頭の「そ~の~幸せおいかけなさ~い」

の頭「そ」。
この「そ」という音、hiBと高い音なのに響きが「そ」のせいで落ち着いています笑

このような作詞・発声になっていることからもわかるように、稲葉さんのトレンドは、

高音での倍音全開ではなくなったと言えるでしょう。

とはいえこの曲では、久しく『な~~~~~~~~う』

の部分で激しい発声をしています。この部分では近年稀な

「攻めの発声」が発揮されていることも併せて付記しておきましょう。

 

そして2017年の新曲、Still Aliveもおまけで笑

解説します。サビはhiB~midAあたり。音域は近年と同じ傾向※中音域にフォーカス

です。

この曲でもやはり楽に高音を出せる歌い方をしています。

「こえをきかせてよ~」のサビ頭は若干攻めの発声をしていますが、全体的に高音を楽に出すように歌っています。

「さしださ~れた」の「さ」や「みもこころも~」の「み」が非常にマイルドな発声であることがわかるでしょう。最後の「な~に~ひとつおわるじゃない~」も意外とマイルドです。笑

 

もちろん松本さんが作る曲のキーの傾向も影響しているとは思いますが、やはり近年

稲葉さんは高音に対応した歌い方をより強固にされているという傾向が見られます。

B’zとしての新譜も遠くないうちに発表される気が致しますが、

どんな歌を届けてくれるか非常に楽しみですよね!

私も楽しみにしています!

今日もご覧いただきありがとうございました!

せーの、おつかれー!

コメント

タイトルとURLをコピーしました